FC2ブログ

廃プラスチックからミックスオイルへ再利用!

2018年12月19日 18:25

茅ヶ崎にあるナックス株式会社の中島さんが15年まえに開発した廃プラスチック油化装置の実験を視察した。ハンガーなどプラスチック製品を少し細かくして投入すると530度くらいの高熱に、1時間くらいで綺麗な油に変化する。

油質は軽油5割、ガソリンとA重油2.5割ずつ、火をつけると燃えました。卓上小型装置で30万円。大型油化装置は処理業者や自治体焼却場対応です。今プラスチックがあふれる問題の中、中国が廃プラスチックを受け取らなくなってますます需要が高まる見込みではないかとのこと。二酸化炭素排出削減にもなり、環境改善にもなります。

県でもSDGsを推進しています。この装置を活かせないか?

IMG_1676.jpg IMG_1681.jpg IMG_1690.jpg IMG_1677.jpg

かながわ読書のススメ!-読書は健康寿命を延ばすー

2018年12月13日 18:54

「健康寿命」とは、日常生活に制限なく、自立して、健康で何歳まで生きられるかを示す値です。男性は、72.14歳、女性は、74.79歳。平均寿命との差は、男性9歳、女性12歳もあり、その間は寝たきりや要介護などの状態で暮らしていることになります。 

 アメリカ・イエール大学が発表した論文によると、50歳以上3600人を「本を読む人」「まったく読まない人」に分け、12年追跡調査をしたら、読む人のほうが2年近く寿命が長かったというのです。

 実際、山梨県では図書館が多いだけではなく、学校司書制度が昭和20年代から広がり、公立小学校での学校司書の配置率が98.3%と高い普及率を誇ります。

 低コストで健康寿命を延ばすには読書がカギに!

茅ケ崎高校の「ち定カフェ」

2018年12月11日 16:38

雨で寒い夕方、居場所「ら・ぱれっと」のメンバー4人で、茅ケ崎高校定時制の人たちを対象にした校内カフェを手伝いに行きました。当日はテストのため、休み時間や帰りの時間を狙って、春雨スープ、コーヒー、お菓子などを振舞った。今回初めてなので、ストーブを囲みながら談笑、また次回につなげて、世間話や好きなこと、趣味や悩みも話せる居場所になればいいですね。

県内では、県立田名高校での、先進的な取り組み「ぴっかりカフェ」を紹介します。

ぴっかりカフェ

 田奈高校では、校内の図書館を在校生や卒業生の居場所づくりとして活用する「ぴっかりカフェ」という取組を行っています。コーヒーやジュースを無料で飲みながら、くつろいだカフェのような雰囲気の中で生徒と先生が気軽に利用できる居場所として、また、若者を支援する専門家と大学生のボランティアがスタッフとなり、何気ない会話や生徒の悩みを聞いてくれる相談窓口として機能することを目的にスタートしました。
 この「ぴっかりカフェ」は生徒たちに大人気。昼休みになると「ぴっかり図書館」に生徒たちが大勢集まり、ドリンクを飲みながら談笑したり、楽器を演奏して楽しんだり、まさにサロンとしての機能を果たしています。また、普段先生たちにはなかなか相談できないことも、年齢の近い大学生ボランティアや市民ボランティアの方たちに相談し、よいアドバイスをもらうことも。
 なお、この「ぴっかりカフェ」は、「NPO法人パノラマ」が「バイターン」プロジェクトの一環として行っています。

IMG_1650.jpg IMG_1651.jpg


藤沢、農家レストラン「いぶき」に行く!

2018年12月01日 14:52

農地にレストランを開業するという関東初の試みで注目されています。地元藤沢の魅力を発信し、四季折々の自然に触れ、今流行りの、醤、甘酒といった発酵食品の健康料理をビュッフェ形式で20種類くらいはあったかな。大変美味しかったです。不便なところにあるにもかかわらず、満員御礼。

野菜ソムリエの私は、旬の野菜を一日350グラム、果物を120グラム採ることを推奨しています。発酵食品、えごまオイルなど健康志向のテレビ番組が流行っています。野菜、たんぱく質を大いに採りましょう。

IMG_1551.jpg IMG_1552.jpg

認知症の人と家族を支えるマーク

2018年11月30日 19:09

神奈川県は、認知症施策を推進するため、認知症の人、家族の意見を踏まえて、県独自のマークを作成。認知症サポーターの証であるオレンジリングとともに、活動を支援します。「神奈川県認知症の人と家族を支えるマーク」
私も、オレンジリングと一緒に、このピンバッジを身につけ、認知症の理解と家族を支える絆になればと思っています。

IMG_1523.jpg


最新記事