FC2ブログ

中国友好の旅!

2018年06月03日 21:27

今回、県議会日中議員連盟で、中国東北部遼寧省を訪問しました。県と遼寧省とは友好35周年です。遼寧省瀋陽市領事館の石塚総領事訪問、続いて遼寧省人民政府表敬訪問しました。人民政府の代表の方は女性で、中国でも女性は珍しく、かなりエリートだそうです。

35年という長い友好の糧では、日本の企業の進出や中国からの旅行者の誘致など進めてきました。今回県議会と人民政府の関係をさらに強化したいとのことで積極的なアプローチを受けました。

中国の発展はすさまじく早く、新しい町づくり計画は、近代的なビル群が立ち並び、大学、マンション群など大都会のジオラマが流行っているらしくあちこちで説明を受けました。昔の中国のイメージ自転車の波はもはやなく、車、車、バイクは電動だし、自転車は
街角にあるレンタサイクルで、アプリで登録し、自由に乗り捨てできるものでした。若者は現金は持たず、すべてスマホ利用というITは日本より進んでいます。

厚木市に本社のある日系企業Nikkiを訪問、汎用エンジン用キャプレタを生産、所長は日本人で、後は中国の労働者です。日本人はまじめで親切、給料もよいとのことで、非常に温かく雰囲気の良い会社でした。

次に、三国志の曹操のふるさと、河南省を訪問、レべッカというかつらのメーカー、農業研究所、介護施設(中国では養老施設という)を訪問、日本のノウハウを学びたいとのことで熱心な話し合いとなりました。

中国の急激な発展の裏には、環境問題や、高齢化の波がやはり急激に押し寄せ、これからそれに対応していかなければならないだろう。

中国5000年の古い歴史と新しい町とのギャップがあまりにも大きい。

今回訪問した遼寧省の人民政府の代表も女性、河南省人民政府の教育やスポーツ局の課長さんも女性、許昌市の対応された副市長も女性、今回代表格に女性が多く、日本より進んでいる側面を見ました。

IMG_6580.jpg IMG_0605.jpg IMG_0620.jpg IMG_0644.jpg


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kusakakeiko.blog74.fc2.com/tb.php/707-83100c5a
    この記事へのトラックバック


    最新記事