共謀罪法案を与党が「審議十分」と強行採決!

2017年05月27日 22:47

「共謀罪」法案(組織犯罪処罰法改正案)を、与党の自民・公明両党と日本維新の会は、採決を強行しました。

 同法案を安倍総理らは「テロ対策として必要だ」と説明してきましたが、これまでの審議を通じて、テロ対策とは無関係であり、むしろ市民団体や労働団体などの一般市民の活動への監視を強め、表現・集会・結社の自由などを委縮させ、えん罪を増やす可能性が高まること、政府が言っていた国際組織犯罪防止条約の締結のためにも不要であることがますます明らかになっています。

 共謀罪法案に反対の声をさらに広げ、強行採決を撤回させるとともに、なんとしても廃案にしましょう。

IMG_9427.jpg




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kusakakeiko.blog74.fc2.com/tb.php/632-eb785a10
    この記事へのトラックバック


    最新記事