FC2ブログ

県立秦野高校のICTの取り組みを視察!

2018年08月28日 20:19

文教常任委員会でICT利活用授業研究推進校として平成28年度から30年度3年間の取り組みです。

1年目は、機器、機材を校内へ整備、1学年に対し、クラッシー株式会社のクラウドサービス利用、ICT教室の設置、テーブル付きカラフル椅子(アメリカ製7万円)プロジェクター、電子黒板、タブレット、パソコン88台。

2年目は、授業、家庭学習、公務効率化の研究。

3年目は、研究を発展させる実際の授業では、生徒それぞれのスマホでテストや宿題を行い、黒板に書くことはない。生徒たちも楽しそうに授業を受けている。すぐ正解や回答率などもみられる。宿題もバスや待合のところでできるし、今風の授業といえる。カラフル椅子は高いが、非常に使い勝手がよく、動かせば、机の必要もない。
今後、成果や時間の短縮、教員の働き方への影響など、効果の発表に期待したい。

IMG_0942.jpg IMG_0943.jpg IMG_0945.jpg


最新記事