FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島県南相馬市緑の防潮堤 植樹に参加!

2016年03月27日 17:31

 東日本大震災から5年が経ちました。南相馬に「いのちを守る防災林」を築くための植樹祭も3回目です。今回は、JR東労組の方たちとインターンの2人と植樹に参加しました。海岸側には、コンクリートの防潮堤、松があり、そして、今回のポット苗を植えた緑の防潮堤と続きます。

 「災害からいのちを守る」森の長城プロジェクトについて
プロジェクトでは、東北の被災地沿岸部で、シイ・タブ・カシ類など常緑広葉樹の種子を拾って高さ20~30㎝の苗木に育て、5m程の高さの盛土に植樹して「災害からいのちを守る森」づくりをしています。これまでに宮城県や福島県で2万5千人以上のボランティアと地元住民の方々と共に、20万本以上の苗木を植樹してきました。

◆6つの利点と形状
  ①津波のエネルギーを低減
  ②引き波でさらわれるものを食い止める
  ③メンテナンス不要
  ④海や河川を豊かにする
  ⑤地球温暖化防止
  ⑥風雨、火災にも強い防災林

政府では、コンクリートの防潮堤建築が進んでおり、緑の防潮堤計画は、元首相の細川さんが提唱していましたが、却下され進んでおりません。私も、このプロジェクトを提唱している横浜国大の宮脇方式に賛同しており、この緑の防潮堤が進み、災害に強い海岸になることを強く望みます。

0327福島県南相馬1 0327福島県南相馬 2 0327福島県南相馬3
スポンサーサイト


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。