1月28日~30日 ホンダ太陽の障がい者雇用の積極的な取り組み!

2013年01月30日 22:33

今年の商工労働常任委員会の視察は、九州の大分と福岡でした。
私のライフワークでもある「障がい者雇用促進」の視察を希望し、大分県の日出(ひじ)のホンダ太陽の工場を見学しました。
本田技研工業の特例子会社で、自動車部品の製造・開発領域まで、従業員191名中障がいの方は89名です。
本田技研全体でも2.3%と、各地域で雇用の促進に力を入れています。

基本理念は、「世に心身障害者はあっても、仕事に障害はありえない」「保護より働く機会を」を唱える知り合いの福祉施設の中村博士の思いに共感し、「やろう、ホンダもこういう仕事をしなきゃだめだ」と簗田社長は決断したそうです。
さらに、障がい者スポーツでは、車いすマラソンや水泳にも先駆的な役割を果たしています。
給料も一般と同じで、社内は、ユニバーサルデザインで働きやすく工夫されていました。
素晴らしい取り組みです。

We(HONDA)are the creative Challengers!


最新記事