英語フォローアップ講座を受ける!

2012年11月10日 18:50

私は、小学校英語指導者資格を持っています。
議員になる20年前くらいに、7年間こどもたちに英語を教えていました。
しかし、それから資格は持っていますが、長いこと英語から離れていて英語を忘れてしまいそう・・なので、時々英語の勉強に行きます。

昨年の4月から、全国の小学校で英語が必須化され、5年6年生が週1日授業を受けています。
私は、小さいうちから語学を勉強することに賛成なので、1年生から必須化するべきと思っています。
語学はコミュニケーションツールであり、小さいうちは吸収力が良いので早い時期がよいと思っています。

大阪市では、来年から、小学校1年生から英語授業を始めるモデル事業が始まります。
発音を重視し、小学校卒業時には、英検5級~3級が取れるよう目標も定めています。
どんな成果が得られるか期待したいですが、指導者が十分か課題があるとは思います。

通常、HRT(担任)とALT(ネイティブの先生)かJTE(英語の話せる日本人先生)と2人で授業を行っています。
今後の拡大に備えJTEに当たる先生を私のような資格者が入ることになるわけです。

s-DSCN4102.jpg

小学校英語に求められるのは、

①言語や文化について体験的理解を深める
②コミュニケーションへの積極性を図る
③外国語の音声や基本的表現に慣れ親しませる

という効果があり、グローバルなこどもたちに成長してもらいたいという願いをこめて小学校英語が発展することを期待します。



最新記事