新エネルギー施設見学ツアー行ってきました!

2011年11月29日 23:20

毎年恒例のくさか景子の社会見学バスツアー今回は、再生可能エネルギー施設の見学でした。
まず、横浜扇島の東京ガスの天然ガス工場、天然ガスの輸入と供給の工場です。

LNG(天然ガス)は、無色・無臭の液体で、-162℃という超冷たいもの、硫黄分を含まずクリーンに燃焼します。
CO2も石油石炭に比べ大幅に少ないです。
天然ガスは、ブルネイ、オーストラリア、インドネシア、アラスカから輸入し、タンクも地下に貯蔵し、地上を緑化し、環境にも配慮しています。これからの発電は、環境負荷の低い天然ガスに期待が持てます。

会社の面白いガイドさんの案内で、天然ガスの勉強をし、一瞬で凍る冷たい液体の実験でもよく理解できました。

s-1-P1010571.jpg s-2-P1010584.jpg

続いて、発電施設が密集する川崎臨海部のひとつ川崎バイオマス発電所、建設廃材等の木質バイオマス燃料を利用した出力33,000kWの国内最大の発電所です。
かつて、公害のまちだった川崎市は、今や厳しい環境規制があり大気環境の保全に努めています。
川崎バイオマス発電所は、石油石炭を使用せず、100%CO2フリーのクリーンエネルギーで、年間12万トンのCO2を削減します。

s-3-P1010592 s-4-P1010596.jpg

私たちは、13階の工場の屋上から臨海部の風力、天然ガス、太陽光などの他のエネルギー施設を眺望し、木質チップの森林浴のようないい匂いをかぎながら工場を後にしました。



最新記事