FC2ブログ

宮城県南三陸町へ災害ボランティアに行きました!

2011年06月27日 23:58

茅ヶ崎市社会福祉協議会主催のボランティア派遣で、17日の夜10時中央公園から宮城県南三陸町にバスで出発しました。
翌朝6時半、海の見えない山の方まで津波被害のがれきが続く南三陸町のボランティアセンターに到着しました。
受付を待つ間に、南三陸町社協の猪又総務課長に話を伺うと、町の人口の約1割が河をさかのぼった16メートルもの津波の犠牲になったということです。
まだ避難所にも避難の人が残り、仮設住宅の建設を待っており、7000戸は必要だがまだ1900戸しか追いついていない状況でした。
カキ、ウニ、ホタテ養殖の再生に力を入れているが、義援金の配分もないし、復興には30年はかかると悲観されていました。

1日目、男性陣は、カキ養殖用いかだにつける土嚢づくり、私たち女性陣は、避難所のお掃除、2日目は、思い出探し隊、写真・手帳・アルバムなど大切なものをきれいにする仕事をしました。
私は、たまたま町の議員さんの手帳を発見!
筆や水できれいにしながら、生きていてほしいと思い涙がでてきました・・。
2日間のボランティアでしたが、少しでも被災地の人たちに寄り添い、復興を願う旅でした。

避難所のみなさんと ボランティアセンター内部


最新記事