FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投稿 震災ボランティアを経験して

2011年05月23日 10:11

くさか景子とともに、いわき市に同行した元宮田工業の西山さんから寄せられました。

私は4月27日に茅ヶ崎の放置自転車32台を福島県いわき市の避難所に届けました。

4月29日から仲間と二人でいわき市勿来のボランティアセンターで4日間働きました。
本部は70名位で地元NPOと山口県宇部市から大型バスでかけつけた仲間によって支えられていました。
ボランティア参加者は300名位でした。私たちは歩いて近くの津波被災地須賀地区に行き、竹やぶのごみ片付け、道路側溝の掃除、田んぼのごみ片付けを行いました。

4日間の肉体労働で体は疲れましたが、遠くは長崎や郡山から3日間通った女性3名とお父さんの4人家族などと仲間になり作業をやり遂げ、みんなで拍手をし喜び合いました。
被災地支援はボランティアだけではあまりに微力、小泉内閣の構造改革により地方は疲弊しています。
原発政策も含め今までの政治を変革し住民本位の復興を実現するためこれからも全力で支援しよう。                                      西山憲治


震災の復興には、まだ長い年月がかかります。
私は、今後、被災された女性の方々のために、不足している女性下着を送ろうと親交のある仙台の女性支援センターの「ハーティ仙台」の代表の方に事情を伺っています。
また、皆さんにはご協力をお願い致します。 
                                   日下景子
スポンサーサイト


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。