4月開校の汐見台小学校見学!

2011年01月13日 23:27

全国3,300ある都市の中で住んでみたい都市26位の茅ヶ崎市には、移り住む若い人たちが多く、子どもも増えています。
全国でも小学校の新設は珍しい。
茅ヶ崎で19番目の小学校、建設工事中の汐見台小学校を見学しました。

緑が浜小学校の教室不足、松浪、浜須賀小学校区の児童数増加で、新設される汐見台小学校は、一番海岸に近く、屋上からの眺めは最高!
富士山、江の島、えぼし岩、広い海が一望できますが、風が強く、潮の影響で腐食が心配です。

1学年3クラスで18クラス、オープン教室となっており、机や椅子も可動式、特徴は太陽光発電と屋上の田んぼ、畑だそう。
教室には暖房設置、ベランダもあり、エレベーター完備、ランチルームから中庭はオープンカフェ風、さすがに学校が新設されるたびにどんどん進化します。
s-P1020101.jpg s-P1020101.jpg

建設費も25億円かかっています。
今後10年から20年経つとこどもが減少してきます。
その後の利用については、老人用にバリアフリーとしてあるそうです。

北側の県道には、通学用の歩道橋が工事中ですが、用地買収が進まず、一応 仮の歩道橋となりそうです。
この歩道橋と交差点問題では、1年以上前から、藤沢土木事務所に通い、安全な歩道橋及び交差点の要望をしていました。
子どもたちが4月から安心して通学ができるよう急ぐ必要があります。


最新記事