FC2ブログ

勝又恒一郎新春のつどい

2010年02月13日 23:35

前原大臣

雪の舞う中、会場のJAさがみの会議室は300名が定員だが、立ち見もあり、玄関では入れない市民は断られるほどの盛況でした。
お目当ては、時の人、前原誠司国土交通大臣のトーク。
他に千葉法務大臣も来られたので、SPや警察の警備がすごくて大臣の移動の大変さを改めて感じました。

勝又衆議院議員の所信表明も歯切れがよく、茅ヶ崎の海岸侵食対策や新湘南バイパスの無料化の実現など、政権与党での奮闘ぶりが窺えます。
特に、前原大臣への質問が的を得ていて参加者は惹きつけられました。

日本全国には、ダムが2890もあり、そのうち見直しは143、本体工事に入っているダムは継続するとのこと、凍結は80あるそうです。
事業仕分けでは、今後特別会計にもメスを入れ、特に天下りの温床の公益法人の1113を見直し、天下りを全部失くしていくとのこと。
前原大臣の力強いお話でした。

民主党は、政権をとってからまだ半年の赤ん坊といいながら、「コンクリートから人へ」の政策転換をはかっており、今後も国民本位の政治を期待したいところです。

多くの参加者から期待の拍手で盛り上がった会でした。


最新記事