FC2ブログ

茅ケ崎で「SDGsを学ぼう」開催―WE21ジャパンのWE講座!

2018年10月13日 18:32

私が所属するWE21ジャパンは、限りある地球資源の循環を目的に、リサイクルショップを運営し、その収益で、海外に支援しているNPO団体です。
 国連が2016年に採択した「持続可能な開発目標SDGs」2030年までに達成すべき17項目69の目標は、私たち一人ひとりの行いが地球環境を守ることに繋がっています。
 日本チャリティショップネットワーク共同代表の贄川さんのわかりやすい説明で、2030年アジェンダが理解できたかな。
 自治体、企業、民間、市民団体それぞれができることから始め、地球を守ろうと。神奈川県もSDGs未来都市として認定され、プラごみゼロ宣言を出しています。
 私たち一人ひとりが生活を見直し、次世代の子どもたちに地球を残していこう!

IMG_1181.jpg IMG_1174.jpg IMG_1175.jpg

湘南シニアクラブ秋のバス旅行、山梨県へ!

2018年10月10日 19:39

会社を退職した人たちで活動する湘南シニアクラブに入会して早や18年。毎月の定例勉強会などに参加、今回は秋のバスツアーで、山梨県日本三奇矯の猿橋とリニア見学センターに訪問。
 サルの架け橋?!
日本三奇矯「岩国錦帯橋」「木曽の桟」とこの猿橋。長さ30メートル高さ31メートル木製の普通の橋だが4層のはね木に支えられている。橋の建設にあたり、たくさんの猿が繋がり合って対岸へ渡っていく姿から思いついたと言われている。その下を流れる桂川の美しいこと。
 時速500キロのリニアはあっという間に過ぎ去る?!
超電導リニアの体験学習施設、浮上ミニリニアに乗ったり、リニアの仕組みを学びました。あと15年先に品川から大阪まで45分でむすばれるというシニアは、ほとんどトンネル走行、神奈川県は相模原近辺を走る予定だ。

その他信玄餅の詰め放題や勝沼ワイナリーで楽しんで、シニアクラブのメンバーと親交を深めました。

IMG_1152.jpg IMG_1169.jpg IMG_1150.jpg


県議会学童議連と学童保育連絡協議会との恒例のランチミーティング!

2018年09月29日 20:43

全国の都道府県でも学童保育を支援する議連は珍しく、神奈川県だけです。何カ月に一度議員と学童の指導員さんや役員、保護者の方々とカレーミーティングを行っています。今回は、放課後児童健全育成事業の「従うべき基準」の参酌化が学童保育に与える影響についての勉強会からスタート。

学童保育の指導員不足が慢性化している。不安定な雇用と劣悪な処遇、年収150万円以下が7割、常勤でも350万円。

資格の水準が高い、継続して働き続けることができない。など様々な問題があるようだ。

子どもが安心できる学童保育にするために、今後も連携が欠かせない。

IMG_1132.jpg

敬老の日 人生100歳時代を元気に生きよう!

2018年09月17日 21:11

100歳以上―全国6万7824人(+2132人)、関東1都6県1万8249人(+590人)
       神奈川県3877人(+262人)男2344人、女1万5905人(87%)

 私は、茅ケ崎の中海岸老人会に入っており、16日長寿祝い会17日敬老音楽会に参加しました。喜寿3人米寿3人白寿1人のお祝いをしました。皆さんお元気で、カラオケもこなしましたよ。

敬老音楽会では、地域のバンドの演奏に合わせて、昭和の初めころの歌を熱唱し、ジルバやマンボを踊る。さすがに私は半分は知らない曲で、踊りもできない。昔の人は、結構ダンスをたしなんでいたんだな。

今、高齢者の車の運転が問題となっています。お隣の人と話しているとやはり運転はやめたとのこと。不便ですかと聞くと、バスやタクシーを利用し慣れましたとのこと。
まごはやさしい。これでいこう。まめ、ごま、やさい、さかな、しいたけ、いも。
皆さん、健康で長生きしてください。

IMG_1080.jpg IMG_1083.jpg

ユニバーサルマナー検定3級合格!

2018年09月14日 15:09

高齢者や障がい者、ベビーカー利用者など、多様な方々との向き合い方を学ぶ検定です。
2013年から導入され、全国で6万人の人が受験しています。
 今回、県議会のともに生きる共生社会委員会で、県議会の議員でこの検定を受けようということになり、約2時間、岸田ひろ実さんの講演を受ける。今回は3級で主に身体障害の方々へ理解と対応を学んだ。書道家の金沢翔子さんも参加されました。

 ・自分とは違う誰かのことを思いやり適切な理解のもと行動すること。
 ・日本では現在高齢者28%障害者7%3歳未満2% 求めている人は37%にも上る
 ・ハードはすぐ変えられなくともハートは今から変えられる。
 ・バリアフリーは特定の人のために、ユニバーサルデザインはすべての人のために

 声かけーお手伝いできることはありますか?これが一番重要です。
目指すは、誰もが安心して暮らせるまちづくり!

IMG_1064.jpg IMG_1065.jpg IMG_1068.jpg IMG_1063.jpg


最新記事