FC2ブログ

下品な自衛隊員の募集ポスターに抗議する!

2019年03月03日 20:35

-全国フェミニスト議員連盟からー

2019年3月3日
防衛大臣 岩屋 毅 様                   
全国フェミニスト議員連盟 共同代表 小磯 妙子(神奈川県茅ヶ崎市議)
  共同代表 まき けいこ(元千葉県船橋市議)
事務局 脇 礼子(神奈川県藤沢市議)

自衛官募集ポスターの女児・女性の性的対象物化への抗議と要請 

 私たちは女性議員を増やして、男女平等社会を実現しようと活動している市民と議員の団体です。
「防衛省自衛隊滋賀地方協力本部」のポスター“陸・海・空自衛官募集! 守りたいものを、守れる人に”は、女児・女性を性的対象物として扱っています。公的機関が「官製セクハラ」にあたるポスターを作成・掲示・頒布したことに断固抗議します。
 ポスターに描かれた女児・女性3人は、全員が口を開けて笑い、上衣だけとしか見えないほど極端に丈の短いスカートから下着をのぞかせ、太股から脚部全体を露出しています。別バージョンも下着を見せての下半身が同様に強調されており、日本社会に流布する「萌え系美少女キャラ」の特徴を繰返すものです。
 国連の女子差別撤廃委員会は「日本の第7回及び第8回合同定期報告に関する最終見解」(2016年)において「メディアが、性的対象とみなすことを含め、女性や女児について固定観念に沿った描写を頻繁に行っていること」「固定観念が引き続き女性に対する性暴力の根本的原因であり、ポルノ、ビデオゲーム、漫画などのアニメが女性や女児に対する性暴力を助長していること」に対し懸念を表明しています。官公庁による女児・女性を性的対象物として扱う広報活動は、断じて許されません。
 女児・女性の性的対象物化は、女性を共に学ぶ仲間や一緒に働く同僚と見ずに、性の対象として男性が見てしまうという弊害を生じさせています。学校や職場での女児・女性たちへの性暴力被害は後を絶ちません。勇気を奮って被害を訴えても叩き潰される女性が後を絶たず、その苦悩は筆舌に尽くし難いものです。女児・女性の性的対象物化は、女性の人格を否定し蔑視する社会の風潮を追認・強化するものです。
 全国フェミニスト議員連盟の調査でも地方議員の過半数が「セクハラ経験あり」と回答しています。自衛隊のセクハラ・性暴力の多発はご承知のとおりです。昨年だけでも、①空自隊員による非常勤・シングルマザーの女性隊員へのセクハラが最高裁で認定、②海上自衛隊1海曹、後輩女性隊員へのセクハラで停職処分、③陸上自衛隊警務隊、那覇で体調不良で倒れた民間女性の体を触ったうえ携帯電話で下半身を撮影して準強制わいせつ容疑で摘発、などが報道されています。
 セクハラのない職場づくりは政府の目標でもあり、その達成には男女が平等に働ける環境が必要不可欠です。防衛省や自衛隊で働く女性たちにも当然整えられるべき男女平等の労働環境とは真逆のメッセージを、同ポスターは送っているのです。
 さらに同ポスターは、子どもたちの目にも触れます。学校でいくら「女の子も自尊心を奪われることはない」と教えても、官公庁によってこのようなPRを垂れ流されては元も子もありません。
 防衛省自衛隊滋賀地方協力本部は「下着ではなくズボン」と回答しましたが、3月1日に陸上幕僚監部から指示され撤去したと報じられました。しかし「萌え系美少女キャラ」ポスターは他にもあります。
 安倍晋三首相が「自衛官募集に地方公共団体が非協力的だ」として、憲法に自衛隊を明記する必要を主張したとの報道に接し、私たちは自治体への不当な介入ではないかと危機感を覚えています。首相発言の影で跋扈する防衛省の「萌え系美少女キャラ」ポスター全てに対して、ここに抗議を表明し、人権問題として検証し結果を公表することを求め、その即時撤回・回収を改めて強く要請します。

陸空海自衛官募集 (1) 陸空海自衛官募集 (2)

あおり運転に気を付け、安全運転を心がけよう!

2019年01月28日 18:34

免許更新のために、二俣川の自動車安全運転センターに講習を受けに行きました。あらためて、安全運転をこころがけるべく皆さんにも情報をお届けします。交通事故多いですね。

県内の人身事故(平成29年度)
 ■件数 28,540件  死亡者 149人 怪我人 33,642人
 ■一日平均 78件      0.4人      92人
全国
 ■件数 472,069件      3,694人    579,746人
 ■一日平均 1,293件     約10人     1,588人

歩行中事故に遭う人が47%、自転車乗車中が26%となっています。
また、いわゆる「あおり運転」とは、車間距離を詰めて異常接近したり、追い回す、幅寄せ、バッシング、クラクションを鳴らす等相手を威嚇したり、嫌がらせをするなどの行為と言われています。もし、あおり運転等を受けた場合は、

○相手にしないで、近くの安全な場所に退避し、直ちに警察に通報
○同乗者がいたら、ナンバーの記録や110番通報をしてもらう

2018神奈川県こんなことありました!『県政重大ニュース・トップ10』

2018年12月31日 11:01

私は、「プラごみゼロ宣言!」が1位ですけどね。皆さんはいかかがですか?

2018県政重大ニュース・トップ10

ともに生きる特別委員会視察~京都国際センター

2018年11月09日 20:15

今日は、ともに生きる特別委員会視察3日目京都国際センターへ。
ここは、外国籍府民の支援として情報の提供、国際文化交流の取組を行う。特に防災や災害時避難支援や9か国語防災ガイドブック作成、中国、韓国、英語、フィリピン、スペインポルトガル、ベトナム、タイ、インドネシア語。京都には在留外国人5万5千人で地震を体験したことのない人も多く、センターでは、日本語が不自由な人のため、やさしい日本語教室を開き緊急時に備える。その他キモノ着つけ教室など独特な日本文化も伝えている。

京都駅のそばにあり、便利である。今後は京都府内隅々までのやさしい日本語の普及や、災害時外国人支援サポーターの仕組みづくり、医療通訳の充実などの課題があるとのこと。

IMG_1378.jpg   IMG_1379.jpg

ともに生きる特別委員会視察~篠原電機

2018年11月08日 18:19

ともに生きる特別委員会視察2日目大阪の篠原電機さんを訪問。
この会社は、信号機盲人用音響ポールを開発、さらにポールに歩行者用信号補助として高齢者、視覚障がい者LED付き音響装置を開発。色弱の方にわかりやすい黄色いポールに青は○赤は□と低い位置にあり、触ると振動がし、高齢者、障がい者、子ども全ての人に優しい信号機です。

大阪府内には普通のタイプ1800箇所、費用の面の課題もあり、新しい振動式はまだ少ない。神奈川県でも是非普及させたいユニバーサルデザインです。

IMG_1350.jpg IMG_1349.jpg


最新記事