FC2ブログ

「タイ人女性の在留資格変更を求める嘆願書」に賛同!

2020年05月31日 14:42

こういう問題も今おこっています。

Mさんの定住者への在留資格変更を求める嘆願書
2020年6月1日

福岡 入国管理局長 様

タイ国籍のI.Mさん(Mさん)が、「日本人の配偶者」から「定住者」への在留資格変更(再々申請)が認められますよう、嘆願いたします。

①Mさんは、2011年タイで亡夫と出会い、事実婚8年、法律婚8か月(2019年1月亡夫の離婚が成立しMさんと結婚)で、2019年8月夫が病死しました。
②Mさんは、配偶者ビザ取得後の2019年6月から2020年2月までタイ料理店で勤務しました。定住者への変更が認められコロナ休業がなければ今も働けていたはずで、明るくまじめなMさんは今後も確実に自立していけます。
③Mさんは、2015年病気治療のために亡夫の実家(福岡)に共に帰国。3年間短期ビザにて数十回入出国し看病を続けた。夫の病気と共に、在留資格、婚姻関係の不安定など精神的、経済的負担の大きさは想像に難くない中で、超過滞在することなく法律を守り夫を支え心優しく遵法性が高い人です。

以上のように、Mさんは、「日本人の配偶者」から「定住者」への変更要件、婚姻期間、自立できること、人柄、全て十分以上に満たしています。
2回の不許可は、人道上も事実婚の軽視からも納得できるものではありません。

今は、日本語教室が全て閉鎖される中で、ボランティア教室代表者からオンラインで日本語を学んでいます。楽しそうで上達が早いとのことです。
また、職安に通いながらも、タイ料理店への復帰もめざしています。
「配偶者ビザ」が取れてこれからという矢先の、人生最大の衝撃となる配偶者の死でした。Mさんは、夫が眠り共に過ごした日本で働き暮らし、タイと日本の懸け橋としなりたいと願っています。
多くの人や団体がMさんを応援しています。
「定住者」の在留資格への変更をお願い申し上げます。
NPO法人女性エンパワーメントセンター福岡 理事長
大野城市市議会議員  I.Mさん身元保証人 松﨑百合子

賛同者
氏名  伊藤由子  宮城県加美郡加美町      加美町議会議員

新型コロナ対策に関する議員要望

2020年04月16日 17:29

 新型コロナ対策に関する議員要望を県に提出しました。添付します。何か他にもご意見あればお寄せください。


新型コロナウイルス感染症対策に関する議員要望事項
               かながわ県民・民主フォーラム 日下景子


1) 国の雇用調整助成金を申請しようとしているNPOや市民団体から、提出書類が10枚以上あり、手間と時間がかかり、相談電話もなかなか繋がらないとのこと。県での手続き相談や情報などの拡充を。(産業労働局)


2) コロナの影響で仕事を無くし、ネットカフェなどにいられなくなった人たちが路上ホームレスとなっている相談があちこちからきています。東京から流れ神奈川にきたり、(実際海老名で発見された)。県内の路上ホームレスへの支援を行うこと。(住まいとコロナ感染防止の観点からも)(生活支援課)


3) 年度末や年初の時期で、県に提出する書類がある団体では、テレワークや人材不足により、いつもより時間がかかっています。特に介護・医療・保育現場からの相談が多くあります。相談にも応じ、期限期日の柔軟な対応を求める。団体側も、受ける県側、両方に負担が増えています。(財政課)


4)医療・介護・保育の現場等で、直接収入につながる、国保連への請求業務等、厳しい現場を抱えながら、この請求業務等で出勤しなければならない状況がある。ただでさえ、診療・介護・支援のために出勤しなければならない現場職員の負担軽減のためにも、国保連への請求業務の締め切りを遅らせる、もしくは、概算払いで先月と同等の交付を行い、後日清算するなどの支援策を講じてほしい。あるいは、国保連からの支払いは後日でも可能なので、事業継続のための融資を積極的に行ってほしい。出来るだけ事務負担を軽減することも併せて要望する。(福祉部、財政課)


4) コロナ感染対応に、女性や社会的に弱い立場にある人への情報の共有化。特に、聴覚障がい者や、外国籍の人など言葉が通じない人たちへ。(福祉部、国際課)

県新型コロナウイルス感染症対策

2020年02月26日 20:20

●神奈川県新型コロナウイルス感染症専用ダイヤル

新型コロナウイルス感染症に関する一般的なご相談に対応
【電話番号】045-285-0536
【受付時間】9時から21時(平日及び休日とも)

●帰国者・接触者相談センター

センターでご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、専門の「帰国者・接触者外来」を紹介。
・風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている(解熱剤を飲み続けなければならない時を含みます)
・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある(高齢者や基礎疾患等のある方については、上の症状が2日程度続く場合)

・平日昼間(8:30~17:15) 茅ヶ崎保健所内 0467-38-3321
・平日夜間、休日(17:15~8:30) 県庁内 045-285-1015
・厚生労働省電話相談窓口(コールセンター)
 2月7日~ 0120-565653 9時から21時

福島県議西丸武進さん新年会に参加!

2020年02月24日 20:42

まもなく3.11、東日本大震災から9年、茅ヶ崎から36台の自転車を寄付したことがきっかけで、西丸さんと交流が続いています。お互いに、新年会にいききしたり、選挙の応援に行ったりしています。近年は、福島原発のトリチウム汚染水問題で提案したり、福島裁判に関わる石田弁護士からの報告や、私のこども食堂にお米を寄付いただいたりしています。

福島県いわき市は、横浜市と同じくらいの面積、昨年の11月の県議選では、選挙カーでまわるだけでも大変だが、台風19号の被害を受けた個所も多くあり、視察調査にも回られたとのこと、地域に根付いた地道な活動を続ける西丸県議は、素晴らしく、7期目に当選されました。
今回は、新年会だけではなく、勿来の関や国宝白水阿弥陀堂なども観光し、いい休日を過ごしました。

1582530778371.jpg

子育て支援員研修会に参加!

2020年02月10日 18:48

 私は、2019年度県子育て支援員に認定され、保育園で活動しています。そのブラッシュアップの現任研修に参加しました。

配慮が必要な子どもへの対応、保護者への理解と相談支援などです。日々こどもと接していると、どうしても見えなくなってしまうこともあります。
子どもは愛されていることが重要です。安心できるから外へと興味を持てる。安心、安全基地に戻れる場所があることが強みということを再確認しました。

愛着形成の中で、4つのレベルがあり、愛着不安定型が6割、愛着障害・反応性愛着障害が1割で、愛着安定型が3割と実に少ない。ほとんどの子どもたちに愛着の問題があるということが言えます。保育現場での愛情を持った対応が求められます。

IMG_20200210_141437.jpg IMG_20200210_163733.jpg



最新記事